おしゃれへの第一歩は「オーバーオール」と「テーラードジャケット」

お久しぶりです。

人参帽子と申します。

さて、ブログの外観もガラッと変わって第一弾。

当ブログへお越しくださった方に向けて、今回からオシャレのバイブルというものをお届けしたいと思います。

こちらのカテゴリーも増え次第、見やすいようにレイアウトしていきますので、しばらくはこのような形で。

まずはおしゃれへの第一歩といたしまして、自らの個性の理解。

というところを話していきたいと思います。



スポンサーリンク

個性にもいろいろ……

個性と一口に言っても、ポジティブなものからネガティブなものまで、色々なものが考えられると思います。

例えば、以下の商品をご覧ください。

ツナギとかオーバーオールとか言われるこのアイテムですが、これを恰幅のいい人が来たらどう思いますか?

……なかなかサマになると思いません?

逆にガリガリの人が着ていたらどうでしょうか。

かなり子供っぽい印象になると思います。

人の好感度はほぼ第一印象で決まるというのはよくいったものです。

見た目や雰囲気、口調などもろもろから受ける印象はかなり大きいということは理解していただきたいところです。

雰囲気というのはどちらかに寄りすぎると得てして威圧感を与えてしまうものです。

知的な印象を与える怜悧な人に、シャープなハーフリムのメガネを合わせてしまうと、堅い印象を植え付けてしまうように。

では次は、、こちらの商品を見てください。

ご存じのとおり、テーラードジャケットです。

余談ですが、完全にキレイ目に寄せたいのであれば光沢素材のテーラードジャケットを選んでおけば間違いはありません。

さて、テーラードジャケットについて。

こちらの商品を先ほどと同じように、体型という特徴から考えていきましょう。

まずは恰幅のいい人がこのジャケットを着るとどうなるでしょう。

まあ、似合わないとはいいませんが、かなりいかめしい印象になってしまう気がしませんか?

では逆に、細身の人であれば?

テーラードジャケットという比較的男性的な服が、頼りない印象をカバーしてくれます。

これも第一印象のなせるワザと言えますね?

これ以外にも、顔の大きい人は顔が相対的に小さく見えるように帽子を着用するとか。

足が短い人であれば黒の細身パンツと黒の靴を合わせて境界線をぼかすとか。

色々と考えられますよね?

これが表題のオーバーオールとテーラードジャケットにつながってくるわけですね。

基本的に、誰にでも似合う服というものは存在しません。

でも、逆に言えば……

「こんな太っている僕」でも「こんなに顔が大きい僕」でも。

必ず似合う服が存在するということです。

今回はかなり大きな例としてオーバーオールとテーラードジャケットを紹介しました。

しかし、実際のところは無数にある選択の一つでしかありません。

皆さんに合った服を理解することが大切ですね。

この系統さえ掴むことができれば、二度と服を購入する際に悩むことはないでしょう。

まずは自らの個性を書き出してみるといいのではないでしょうか。

それでも分からない!という方は当記事のコメントかメールフォームにてご連絡いただけましたら、一緒にお考えします。

ということで、今回は少し薄い内容になってしまいましたが、おしゃれの第一歩は個性を理解するということ、についてでした。

では。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする