【ヒステリックグラマー】ヌードガール アロハシャツを紹介!

今回はヒステリックグラマーより、ヌードガール柄のアロハシャツを紹介します!

ヒステリックグラマーといえばデザイナーの北村信彦氏が1984年に発足させたブランドです。

刺激的なデザインに定評があり、高額な商品が多いながらも、即完売する商品があるほどの大人気ブランドになります。

そんなヒステリックグラマーが、アロハシャツも手掛けていることをご存じでしょうか。

ブルースリー柄なんかも手がけていますが、そちらはまだ持っていないので、手に入り次第紹介したいと思います。

というわけで、今回紹介するのは、おそらく一番人気のこちらの柄です!

ヌードガール柄だぁぁぁッッ!!



スポンサーリンク

近代アロハの中ではかなり手に入りにくい一品

ご存じかもしれませんが、アロハシャツはかなり昔から存在しています。

それ故に、柄も無限といえるほどたくさんあり、中でもヴィンテージものはかなり高値で取引されます。

しかしながら、稀に近代的なアロハシャツでも高値になったり、市場に出回らなくなるものがあります。

例えば、サンサーフのスペシャルエディションなどはものによってはかなり高額になるものもあり、定価20000円の商品が40000円ほどまで上がることもしばしば……

こちらのアロハシャツも、かなり珍しいアイテムであるといえ、どことは言いませんが、最近見た通販サイトでは色違いが30000円~50000円ほどで取引されていました(ちなみに売り切れてました……)

当商品は3種類のカラーが存在し、レッド、イエロー、ブルーとありますが、中でもブルーが1番人気のようです。

なので、ブルーの状態のいい商品を手に入れるのは、なかなか至難の業です。

そもそも、ヒステリックグラマー自体が、かなりプレミアのつきやすいブランドです。

特にヌードガール柄は人気があり、アウターで出た場合は、ほぼプレミアがつきます。

さて、私が持っている現物ですが、ボタンが1つ、割れてしまっています。

ただ、それだけの理由で僕が購入したときは、約6000円でした!

ということで、ここからは、所持者にしか貼ることのできない情報を公開していきたいと思います。

細かなディティールを見ていこう。

まず、一つ目の特徴として、通常のアロハシャツの場合、ポケットは片胸か両胸についているものですが、この商品の場合は下部分の両側についています。

ポケットのサイズは大きいわけではないので、基本的には飾りと思っていただいて構いませんが、入れようと思えばタバコぐらいなら入るかな……ケータイは入りません(かがんだときに落ちます)

ボタンは竹製です。

身幅などについては、近日公開予定の動画内で解説します。

また、素材ですが、レーヨン100%になります!

……いや、なります!とか言われても……

って思いませんか?

僕はよく思います。

だって、レーヨンって色々なタイプがあるし……

ってことで、この画像をどうぞ!

素材感が分かりやすいように写真を撮ってみました。

ご覧のとおり、縮緬(ちりめん)のような質感で、若干光沢のあるレーヨンです。

手触りは、少しザラザラした感じ。

やわらかくて、ストレスフリーな着心地です。

現状手に入れる方法!

「ヌードガール アロハ」か「ヒステリック アロハ」でしらみつぶしに検索するしかありません……

幸いなことに、サイズはフリーですので、気に入った色さえ見つけられれば、即購入でOKです。

ただし……

ヒステリックグラマーの有名意なアロハシャツは2種類あり、1つはこの「ヌードガール柄」もう1つは「ブルースリー柄」になります。

ヌードガール柄も、十分希少価値は高いのですが、ブルースリーのほうは高いところでは100000円ほどで販売されることもある逸品です。

「ヒステリック アロハ」で検索すると、こちらも引っかかりますので、間違えないようにしましょう。

youtubeで紹介動画つくります!

前回記事のラコステパーカーの動画をあげしだい、こちらの動画もアップします。

基本的に内容はラコステのものと変わりませんので、お楽しみに!

では~



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする